新着情報

更新日:2016.11.02

【耳より情報】景観に調和した自動販売機を見つけました

世界遺産本登録を目指す佐渡金山を管理・運営する株式会社ゴールデン佐渡さんからの情報です。

先日、世界遺産・石見銀山遺跡にある自動販売機が話題になっていました。
http://www.excite.co.jp/News/it_g/20161010/Togech_41047.html

佐渡金山周辺にも町並みに馴染むデザインの自動販売機があります、とのことでさっそく取材に行ってきました。

まずは佐渡版画村美術館の脇にある自動販売機。飾り彫りの木枠が建物と見事にマッチしています。

自動販売機1

国登録文化財である旧相川拘置支所の脇にある自動販売機。
こちらは、瓦屋根までついた重厚感ある作り。桜が美しい金山ならではのデザインですね。
自動販売機2
この写真を撮っていると、近所にお住まいのおばあちゃまが「これはそんなに珍しい?」と言いながら出てきて、「こっちも珍しいわよ」と教えてくださいました。実はこの自動販売機の裏には…
pa190720

消火栓にまで木枠!その後ろはごみの回収場所だそうです。
こんな細かいところにまで!この周辺のごみ回収場所は、ほとんどがこのように木枠で覆われていました。

金山が盛りだった頃の繁華街である京町通り周辺では、このように景観を守る努力が至るところでなされていました。
平成22年度の社会資本整備総合交付金の一部を使って設置されたそうです。
「佐渡金銀山を世界遺産に」応援よろしくお願いいたします♪