安寿塚(鹿野浦)

更新日:2016.03.31

安寿塚全景

安寿塚の祠

県道下の田んぼに赤い祠が見えます。

「安寿と厨子王」碑は、森鴎外の次女・小堀杏奴氏の書

悲劇の安寿姫を祀る小さな祠

森鷗外の『山椒太夫』で知られる安寿と厨子王の物語。佐渡にはまた違う物語が伝わっており、安寿伝説が残る地がいくつかあります。母と再会しながらも安寿が息絶えた場所と伝わる外海府の鹿野浦もその一つ。南片辺トンネルを過ぎ、鹿ノ浦トンネルを出た海側の田んぼのなかに安寿塚が見えてきます。

  • 伝説

施設基本情報

住所
〒952-2225 新潟県佐渡市北片辺
交通案内
両津港から車で約60分
駐車場

両津港から安寿塚(鹿野浦)まで車で約