新穂歴史民俗資料館

更新日:2016.03.31

「新穂行政サービスセンター」の隣接エリアに建っています。

吹き抜けのロビー。

新穂の歴史と文化を知ることができます。

考古資料も多数展示されています。

浄瑠璃の幕間狂言として新穂に土着した「のろま人形」。

祭事や伝統芸能に関する展示。

暮らしの道具も並びます。

「裂織り体験」(有料)を実施しています。

佐渡の魅力あふれる観光スポット

郷土芸能や民具、トキなど佐渡の歴史と文化に関する資料、新穂の玉作遺跡から出土した「内行花文鏡」など考古資料も多数展示しています。「裂き織り」「勾玉作り」の体験教室(ともに有料)は随時受付け中。さらに、新穂出身の土田麦僊(日本画家)、土田杏村(哲学者)兄弟の遺作、新穂ゆかりの山下清の作品も鑑賞できます。

  • 博物館・美術館・資料館

施設基本情報

住所
〒952-0106 新潟県佐渡市新穂瓜生屋492
TEL
0259-22-3117
公式サイト
WEB
営業時間
8:30~17:00
定休日
月曜日休(祝日の場合開館、翌日休),12月~2月休
入館料
大人200円,小人100円
体験の予約
不要
施設・サービス
勾玉作り体験・裂き織り体験(ともに有料) など
支払方法
カード不可
インターネット環境
バリアフリー対応
有(障がい者用トイレ設置)
交通案内
両津港から車で約15分
最寄のバス停
新穂郵便局前(南線)から徒歩3分
駐車場
乗用車:100台大型バス:6台
外国語対応
不可

両津港から新穂歴史民俗資料館まで車で約