石名清水寺

更新日:2016.03.31

真言宗の寺院、山号は檀特山。

「佐渡四国88ヶ所霊場」第22番札所です。

木喰行道による地蔵尊立像・薬師如来坐像。

山門脇に清水が湧き出ています。

境内入口に2本の大イチョウが枝を広げています。

木食修業の霊地に建つ外海府の古刹

807年開基と縁起にある古刹。山門脇に湧き出る清水は、木食行者たちの修業霊山でもある奥の院・檀特山(だんとくさん)の霊水です。佐渡で悟りを開いた木食弾誓を慕い、その約190年後の1781~1789年に来島した遊行僧・木喰行道が、弾誓修業の地に釈迦堂を再建し、「薬師如来坐像」「地蔵尊立像」などを残しています。境内の大イチョウは市の天然記念物で、「子授けイチョウ」や「胃腸病の霊現木」として信仰されています。

  • 神社・仏閣
  • 植物

施設基本情報

住所
〒952-2211 新潟県佐渡市石名185
お問合せ先
石名清水寺0259-78-2037
公式サイト
WEB
交通案内
両津港から車で約90分
最寄のバス停
石名北(海府線)から徒歩0分
駐車場

両津港から石名清水寺まで車で約