神宮寺

更新日:2016.03.31

薬王院神宮寺、真言宗醍醐派の寺院。

銅鐘を収蔵する鐘楼。

「永仁3年」鋳造・奉納の銘文がある銅鐘。

高さ約83 cm、なだらかなラインが優雅さを漂わせます。

「佐渡四国88ヶ所霊場」第73番札所です。

鎌倉末期の世相を語る美しい銅鐘のある名刹

神宮寺が所蔵する銅鐘は、国の重要文化財。もとは佐渡守護・北条宣時の武運と世の中の平安を祈って鎌倉時代末期に正光寺(佐渡市羽吉)に奉納されたもの。鐘に彫られた銘文によると、1295年に鋳造・奉納されたものです。1868年に神仏分離令により羽黒神社が廃寺となった際、神宮寺檀家の者が買い取り寄進。優美なフォルムが印象的です。

  • 神社・仏閣

施設基本情報

住所
〒952-0107 新潟県佐渡市新穂井内138
お問合せ先
神宮寺0259-22-3059
交通案内
両津港から車で約20分
最寄のバス停
新穂郵便局前(南線)から徒歩30分
駐車場

両津港から神宮寺まで車で約