根本寺

更新日:2016.03.29

山号は塚原山。日蓮宗佐渡三本山のひとつです。

「全国日蓮宗十大霊跡」にも数えられる名刹。

端正な二王門に迎えられます。

「三昧堂」は、諸国から集結した他宗の僧と「塚原問答」を戦ったところと伝わります。

二王門の先には、どっしりとした「二天門」があります。

境内のほぼ中央には「太鼓堂」が建っています。

広い境内の奥に「祖師堂」が佇んでいます。

石垣の台座に設置された「鐘堂」。

自然豊かな境内には池もあります。

路線バスの南線沿いに面して入口があります。

日蓮宗の霊跡に数えられる名刹

日蓮聖人が他宗の僧と問答を戦わせ、「開目抄」を著した場が境内の「三昧堂」と伝わっており、「観心本尊抄」などを著した佐和田地区にある妙照寺と並び日蓮宗の霊跡となっています。江戸時代には、金山の山師たちがその財力で建立・寄進した「祖師堂」や「本堂」など、約1万7千坪の境内に、堂宇29棟が建ち並びます。

  • 神社・仏閣

施設基本情報

住所
〒952-0109 新潟県佐渡市新穂大野1837
お問合せ先
根本寺0259-22-3751
公式サイト
WEB
入館料
大人300円、小人150円
交通案内
両津港から車で約20分
最寄のバス停
根本寺前(南線)から徒歩1分
駐車場
40台
備考
8:00~16:30(4月~10月)、8:00~15:30(11月~3月)、無休

両津港から根本寺まで車で約