武井熊野神社

更新日:2016.03.31

1751年に遡る古い神事能の記録が残る武井熊野神社

佐渡総合高校バス停から徒歩3分ほどです。

木立の中に社殿が見えてきます。

静かな田園地帯の神社です。

佐渡における本格的な能舞台の造りです。

文字が彫られている能舞台の蟇股。

熊野神社能舞台で披露された薪能「菊慈童」

古称「加具楽殿」の文字が彫られた能舞台を持つ鎮守の社

杉林の中にひっそりと建つ村社。1869年に建築された能舞台(県の有形民俗文化財)は、瓦葺き正面入母屋造り・背面切妻造りの舞台、瓦葺きの橋掛り、拝殿と兼用の「鏡の間」など佐渡における本格的な能舞台の造りで、梁の上にある蟇股(かえるまた)には「加具楽殿」の文字が1つずつ彫られています。

  • 能舞台
  • 神社・仏閣

施設基本情報

住所
〒952-0111 新潟県佐渡市新穂武井329-1
交通案内
両津港から車で約20分
最寄のバス停
佐渡総合高校前(南線)から徒歩5分
駐車場
2台

両津港から武井熊野神社まで車で約