本間家能舞台

更新日:2016.03.31

加茂湖畔の吾潟地区に本間家があります。

全国でも珍しい個人所有の本格的能舞台。

佐渡宝生流の本拠地です。

夏の一日、たっぷり演能を楽しめる本間家定例能。

「天覧能演能跡」をはじめとする石碑や記念樹がある庭。

佐渡宝生流の本拠地

佐渡の能の中心的地位を保ち、当代で18代目に至る佐渡宝生流家元の本間家は、能の普及と庶民化に多大な影響を与えてきました。1885年に再建された瓦葺き寄棟造りの能舞台(県の有形民俗文化財)には床下に音響効果用の甕が埋設されているなど、佐渡に現存する能舞台では最も本格的な造りで唯一の個人所有。毎年7月最終日曜日には定例能を開催しています。

  • 能舞台

施設基本情報

住所
〒952-3421 新潟県佐渡市吾潟987
お問合せ先
佐渡能楽倶楽部・本間家能の会事務局0259-23-2888
交通案内
両津港から車で約10分
最寄のバス停
本間家能舞台(南線)から徒歩0分
駐車場
10台

両津港から本間家能舞台まで車で約