無宿人の墓

更新日:2016.03.31

毎年4月の第三日曜日は供養祭が行われています。

中央が28名の名前を刻んだ墓碑。周辺には供養塔などが立っています。

相川に眠る水替人足たちの墓

1853年に水替人足として働き坑内で亡くなった無宿者28名の出身地、戒名、名前、年齢を刻んだ墓碑が山中に建っています。江戸をはじめ、幕府直轄地であった大阪、長崎から1800余人の無宿者が送られました。幕府の治安対策で捕えられた住所不定の人たちです。過酷な労働で、その寿命はとても短かったといいます。

  • 金銀山
  • 史跡・遺跡

施設基本情報

住所
新潟県佐渡市相川宗徳町
交通案内
両津港から車で約50分
最寄のバス停
佐渡金山前(本線、七浦海岸線)から徒歩15分
駐車場

両津港から無宿人の墓まで車で約