鎮目市左衛門の墓

更新日:2016.03.31

歴代佐渡奉行のなかでも名奉行として名を残しています。

9年間の在任中、数々の善政により金山復興に尽力しました。

鎮目奉行がその風景を愛したという下相川の吹上海岸に建っています。

佐渡金山最盛期を招いた名奉行

鎮目市左衛門は、桃山~江戸時代初期の武将。関ケ原の戦いでは徳川家臣として活躍。1618年に佐渡奉行に着任後、さまざまな施策を実行し、金銀山の復興に尽力した名奉行として名を残しました。お墓はその業績をたたえ、1845年に建てられたものです。

  • 史跡・遺跡

施設基本情報

住所
〒952-1501 新潟県佐渡市下相川852
交通案内
両津港から車で約55分
最寄のバス停
千畳敷入口(海府線)から徒歩10分
駐車場
10台

両津港から鎮目市左衛門の墓まで車で約

鎮目市左衛門の墓周辺の
お勧めスポット