佐渡国分寺

更新日:2016.03.31

仁王門をくぐると参道の奥に瑠璃堂が見えます。

「佐渡四国88ヶ所霊場」第1番札所です。

旧国分寺跡地に隣接して建っています。

医王山瑠璃光院と号する真言宗醍醐派の寺院。

1666年建立の瑠璃堂。以前はこのお堂に木造薬師如来を安置していました。

参道の途中には鐘楼があります。

佐渡国分寺の雪景色

佐渡最古の寺院を継承

764年に落成したとされる「佐渡国分寺」は落雷や大火により幾度となく焼失しましたが、その東側に現在の国分寺があります。詳しい建立年代は不明ですが江戸初期と言われています。境内には本堂のほか「仁王門」「瑠璃堂」「鐘楼」などが点在。収蔵庫には、火災を免れた本尊の木造薬師如来(国の重要文化財)を安置しています。

  • 神社・仏閣

施設基本情報

住所
〒952-0304 新潟県佐渡市国分寺113
お問合せ先
国分寺0259-55-2059
交通案内
両津港から車で約30分
最寄のバス停
国分寺(期間限定土日のみ)(南線)から徒歩1分
駐車場
5台

両津港から佐渡国分寺まで車で約