真野御陵

更新日:2016.03.31

白い玉砂利の道を進みます。

荘厳な空気に包まれています。

正式には「順徳天皇御火葬塚」。

国中平野を望む丘陵地です。

近くには順徳上皇を祀った真野宮があります。

還京叶わず佐渡に散った順徳院の火葬塚

正式には「順徳天皇御火葬塚」。順徳上皇は「承久の乱」で佐渡配流となり、在島22年の末1242年、46歳で崩御。翌日火葬され、その跡に松と桜を植え目印としたのがこの火葬塚です。御遺骨は翌年帰京。父帝・後鳥羽上皇墓所のかたわらに安置されました。火葬塚は御陵と同格扱いで宮内庁の管理。近くに順徳上皇を祀った真野宮があります。

  • 史跡・遺跡

施設基本情報

住所
〒952-0313 新潟県佐渡市真野457
交通案内
両津港から車で約40分
最寄のバス停
真野御陵入口(小木線)から徒歩10分
駐車場
乗用車:50台大型バス:30台
備考
他路線バスでのアクセス:南線/佐渡歴史伝説館から徒歩約15分、赤泊線/真野宮前から徒歩約20分

両津港から真野御陵まで車で約