小布勢神社

更新日:2016.03.31

奥行のある境内に向かって参道が続いています。

鳥居のそばには大きな石灯篭もあります。

祭りの朝、拝殿前で大獅子が奉納の舞を行います。

拝殿は、石段を上がる高いところに建っています。

1851年建立の狛犬は、石の産地として名高い椿尾の石工の作品。

聖なる石が鎮座する西三川の小布勢神社

椿尾石工の作という歴史ある狛犬の先には、カシやタブなどが生育する広い境内。室町時代、西三川の地頭本間山城入道の建立と伝わります。ご神体は本殿裏にある石の柵に囲まれた御食石(みけいし)。神の降臨する場として神聖視されており、神事もこの石に対して行います。付近から「子持勾玉」なども発見され、古代祭祀遺跡としても貴重な存在です。

  • 神社・仏閣

施設基本情報

住所
〒952-0434 新潟県佐渡市西三川1074
お問合せ先
小布勢神社0259-58-2087
交通案内
小木港から車で約20分
最寄のバス停
倉谷(小木線)から徒歩15分
駐車場

両津港から小布勢神社まで車で約