羽吉の大クワ

更新日:2016.03.31

春には芽吹き、新緑の季節には見事な姿を見せてくれます。

民家の敷地に立っていますが、自由に見学できます。

養蚕の歴史を伝えるヤマグワの巨木

佐渡は昔から山桑摘みの養蚕の島で、県下で1~2位の養蚕地でした。このヤマグワは樹齢約1300年と推定される老大樹で、根元周囲5.2m、高さ9m。幹が4本に分岐しており、枝張りは18m。北海道小樽の恵比寿神社の大クワ、群馬県沼田市の薄根の大クワとともに日本のクワ三名木の一つに挙げられています。

  • 植物

施設基本情報

お問合せ先
佐渡市世界遺産推進課文化財室0259-63-3195
交通案内
両津港から車で約15分
最寄のバス停
駒坂(内海府線)から徒歩0分
駐車場

両津港から羽吉の大クワまで車で約