石抱の梅

更新日:2016.03.31

順徳上皇お手植えの梅として大切に守られてきました。

薄紅色の愛らしい花を咲かせます。

順徳上皇ゆかりの梅の古木

真野御陵に向かう道沿いの民家の庭先にあります。遷幸のときの駕輿丁の子孫、式部長吉の屋敷跡と伝わる場所で、梅は順徳上皇のお手植えと口承されてきました。樹齢750年余とも言われる古木の根元に大きな石を抱いている姿から「石抱の梅」と呼ばれています。毎年3月中旬頃に初々しい薄紅色の花を咲かせます。

  • 植物

施設基本情報

住所
〒952-0313 新潟県佐渡市真野423
お問合せ先
佐渡市世界遺産推進課文化財室0259-63-3195
交通案内
両津港から車で約30分
最寄のバス停
真野御陵入口(南線)から徒歩20分
駐車場

両津港から石抱の梅まで車で約