アストロマンを目指し過酷なレースに挑む「2016佐渡国際トライアスロン大会」

アストロマンを目指し過酷なレースに挑む

今年も佐渡国際トライアスロン大会の開催が近づいてきました。28回目を迎える今回は、島内はもとより国内外から約2200名がエントリーしています。
コースはA(スイム 3.8km バイク 190km ラン 42.2km トータル 236km )、B(スイム 2.0km バイク 105km ラン21.1km トータル 128.1km)、R(3人1組のリレータイプ スイム 2.0km バイク105km ラン 21.1km トータル128.1km)3タイプあり、日本選手権も同時開催されます。また前日にはジュニア大会もあります。 参加資格にも制限があり、Aタイプは過去3年以内のミドルディスタンス以上の完走実績か昨年の佐渡オープンウォータースイミング(2,000m)完泳者、Bタイプでも過去3年以内のスプリントディスタンス以上の完走実績か同じく佐渡オープンウォーター(1,000m)の完泳が必要となります。
それでも残暑厳しい時期に行われることから歴戦の鉄人でも苦労するといわれる佐渡のトライアスロン。特に日本での最長距離を誇るAタイプは各制限時間に間に合わず残念ながらリタイアする人、夜遅くにゴールする人も珍しくありません。BやRタイプもAタイプに比べ距離こそ短いですが中々手強いコースです。
そんな過酷な環境を乗り越えた者に栄光をたたえアストロマンの称号が与えられます。
自分の名がアナウンスされる中フィニッシュゲートをくぐる瞬間は何物にも変えられない幸福感と達成感で満たされます。

佐渡の名所が盛り込まれた多様なコース設定

トライアスロンのコースは島のほぼ全域を使って行われます。景色の変化も楽しみの一つといえます。
特にバイクコースは佐渡の観光地や名所が多く含まれています。 佐渡をほぼ1周するAタイプは、いくつもの絶景ポイントがあります。相川や両津の町並みや大佐渡の海岸線が美しい通称Z坂(跳坂)大野亀二ツ亀などの景勝地を通ります。
Bコースや日本選手権のコースは稲穂が黄金に色づき始めた国中平野を横断します。この地域はトキが多く生息しているので、頭上をトキの群れが舞い飛んでいく、なんてこともあるかもしれません。
スタートとゴールは夕日スポットで海水浴場としても人気の真野湾です。Bタイプなら夕焼けに間に合う人も多いでしょう。
トライアスロン当日は佐渡の景色を楽しむ時間はほとんど取れないかもしれません。でもせっかくなら佐渡の魅力をもっと知ってほしい。そこでもう1泊してトライアスロンの余韻にひたりながらのんびり過ごしてみてはいかがでしょうか。

開催概要

大会名

2016佐渡国際トライアスロン大会、第20回 日本ロングディスタンストライアスロン選手権 佐渡大会

開催日

2016年9月4日

開催地

佐和田地区特設会場スタート・フィニッシュ

交通案内

両津港から車で約35分

駐車場

あり

料金

有料(参加費) ※今年度の募集は終了しています

最寄りのバス停

河原田本町(本線)から徒歩5分

住所

〒952-0312 新潟県佐渡市吉岡1675

公式サイト

WEB

お問合せ

0259-67-7510 一般財団法人 佐渡市スポーツ協会

備考

[2016年9月3日(土曜日)]
第15回 佐渡ジュニアトライアスロン大会
[2016年9月2日(金曜日)]
ウェルカムパーティ  会場:サンテラ佐渡スーパーアリーナ  時間:18:00~19:30
大人:2000円  小・中・高:1000円  幼児:無料
参加希望の方は佐渡市スポーツ協会までご連絡ください。

関連スポットのご案内