新着情報

更新日:2018.02.14

【お知らせ】シャルル・ムンカ氏 ドキュメンタリームービー リリースのお知らせ

佐渡観光協会は、駐日フランス大使館より推薦されたフランスのアーティスト シャルル・ムンカ氏を昨年佐渡へ招聘しました。冬の1ヵ月間を島で過ごしたシャルル氏は、日本人の素朴な優しさや日本の原風景が今なお残る佐渡の田舎の景色などに出会い、そこで得たインスピレーションを一つの作品で具現化して見せました。

作品のアイデアとなった島の風景や芸能などを収録したドキュメンタリームービーがリリースされましたのでご紹介します。

なお、作品は「あいぽーと佐渡」に展示しています。開館中は無料でご鑑賞いただけますので、お気軽にお立ち寄りください。

https://vimeo.com/255509024

シャルル・ムンカ (Charles Munka)
フランスの南東部リヨン生まれ。10代の頃に日本のアニメーションやアジア映画を観て育った彼は、画家であった叔父の影響もあり、長じてアーティストの道を選択。21歳で初来日し、自身の芸術スタイルを確立していきます。
たどり着いた先は、ヨーロッパのアルテ・ポーヴェラと日本の具体、そして韓国の単色画などをミックスしたような洗練された作品たち。
そこへ、バックグラウンドと現代のインターネット文化を織り混ぜ、シャルル独自の美学を追及しています。
現在は、香港及びスイスのギャラリーに所属しながら、東京を拠点としています。