新着情報

更新日:2018.03.31

【お知らせ】日本版DMO(地域)の登録について

 一般社団法人佐渡観光協会は、平成30年3月30日付で観光庁が認定する「日本版DMO(地域)」に登録されましたので、お知らせします。

この度の認定を契機に、観光地域づくりや外国人旅行者の誘客強化を通じて、観光を取り巻く環境の変化に対応してまいります。また、組織経営の強化とマーケティングの視点に立ち、より戦略的な誘客施策の提案と実行ができる組織を目指します。
皆様と共に、これまで以上に観光地域づくりに邁進してまいりますので、今後も変わらぬご支援とご協力を賜りたくお願い申し上げます。

一般社団法人佐渡観光協会
理事長 木村英太郎

DMO(Destination Management Organization)とは
DMOは地域の「稼ぐ力」を引き出すとともに地域への誇りと愛着を醸成する「観光地経営」の視点に立った観光地域づくりの舵取り役として、多様な関係者と協同しながら、明確なコンセプトに基づいた観光地域づくりを実現するための戦略を策定するとともに、戦略を着実に実施するための調整機能を備えた法人です。
 日本版DMOが実施する基礎的な役割・機能(観光地域マーケティング・マネジメント)として
(1)日本版DMOを中心として観光地域づくりを行うことについての多様な関係者の合意形成
(2)各種データ等の継続的な収集・分析、データに基づく明確なコンセプトに基づいた戦略(ブランディング)の策定、KPIの設定・PDCAサイクルの確立
(3)関係者が実施する観光関連事業と戦略の整合性に関する調整・仕組み作り、プロモーション
が挙げられます。   【観光庁ホームページより抜粋】