順徳上皇石碑群

更新日:2016.03.31

おだやかな真野湾の浜辺に石碑が建っています。

「恋ヶ浦碑」隠岐配流の父帝後鳥羽上皇を思って詠んだ御製が刻まれています。

「順徳上皇の稗粥物語碑」粥の献上に対して即座に歌を詠まれたエピソードを伝えます。

「東宮殿下御上陸記念碑」1916年、昭和天皇(東宮時代)の佐渡行啓記念碑。

順徳上皇を偲ぶ恋ケ浦の石碑群

順徳上皇上陸の地とされる恋ケ浦。真野湾とその先に望む大佐渡山脈を背に4つの碑が建っています。「いざさらば 磯打つ波にこと問はむ 隠岐のかたには何事かある」と、父帝・後鳥羽上皇を思う和歌を刻んだ「恋ケ浦碑」、地元豊田の人々との交流を伝える「順徳上皇の稗粥物語碑」など、ゆかりの碑が並びます。

  • 史跡・遺跡

施設基本情報

住所
〒952-0317 新潟県佐渡市豊田
交通案内
両津港から車で約35分
最寄のバス停
豊田(小木線)から徒歩5分
駐車場
共有あり

両津港から順徳上皇石碑群まで車で約